七福神 七福神巡り

七福神|恵比寿(えびす)


由来

商売繁盛や五穀豊穣をもたらす神様です。七福神の中で唯一日本神話で登場する神様で、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)の間に生まれた最初の子供です。
手足が無く背骨もなくヒルの様な姿に産まれた為に「蛭子神」(ひるこのかみ)と言われています。

この「蛭子神」が民間信仰により、海から訪れた恵比寿太郎となり、その後、時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす神となりました。
また、地域によっては大国主の子の事代主神(ことしろぬしのかみ)のことであるとの信仰もあります。

恵比寿としては、恵比寿顔で釣竿をもち左脇にタイを抱える姿が一般的です。

御利益

航海安全、豊漁、交易を守護し、商売繁盛、五穀豊穣をもたらす。

主な神社

兵庫県・西宮神社(にしのみやじんじゃ)
全国に広がるえびす神社の総本社で、蛭子神を祀っている。
創建時期は不明。
福男を決める十日戎開門神事福男選びで有名な神社です。

-七福神, 七福神巡り
-,

Copyright© BC総合情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.