七福神 七福神巡り

日本の神様|七福神-恵比寿(えびす),大黒天(だいこくてん),毘沙門天(びしゃもんてん),弁財天(べんざいてん),袋(ほてい),福禄寿(ふくろくじゅ),寿老人(じゅろうじん),吉祥天(きっしょうてん)

七福神(しちふくじん)とは福をもたらす七柱の神様で、日本はもとより台湾でも信仰されている七柱の神です。

七柱の神様は、恵比寿(えびす)、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、弁財天(べんざいてん)、袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人(じゅろうじん)が一般的ですが、かつては福徳の神様とされる吉祥天(きっしょうてん)が七福神に数えられていました。

恵比寿(えびす)

イザナミ神とイザナギ神の間に生まれた最初の子供は、手足が無く背骨もなくヒルの様な姿に産まれた為に「蛭子」(ヒルコ)と言われました。
この「蛭子」が民間信仰により、海から訪れた恵比寿太郎となり、その後、時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす神となりました。

 

大黒天(だいこくてん)

インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神が由来の神様です。国津神の大国主命と"大国"と"大黒"の読みが同じことから、大国主命=大黒と現されるようになりました。その後、時代と共に食物・財福を司る神となりました。

 

毘沙門天(びしゃもんてん)

元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神。福徳増進の神でしたが、仏教に取り入れられてから、戦いの神としてしだいに民衆に信仰されます。日本では毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)と呼ばれます。

 

弁財天(べんざいてん)

七福神の中の紅一点です。由来はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティ神です。仏教に取り入れられ、音楽・弁才・財福・知恵の徳のある天女となりました。

 

袋(ほてい)

唐の末期の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したといわれる仏教の禅僧です。手にした袋になんでも仕舞いその太った風貌から福の神として好まれました。

 

福禄寿(ふくろくじゅ)

道教の宋の道士天南星、または、道教の神で南極星の化身の南極老人です。寿老人と同一神とされることもあり、長寿と福禄をもたらします。

 

寿老人(じゅろうじん)

道教の神で南極星の化身の南極老人です。日本の七福神の一人としては白鬚明神とされることもあります。

 

吉祥天(きっしょうてん)

ヒンドゥー教の女神であるラクシュミーが仏教と習合した福徳の神様です。
かつては七福神に数えられていました。

 

七福神めぐり

七福神は、北は北海道、南は九州・鹿児島まで、さらには台湾にまで七福神めぐりが存在します。それだけ多くに人々から崇拝され愛されている七福神です。
関東では、都内をはじめ湘南沿線、伊豆半島、箱根にも数多くの七福神めぐりコースが有ります。

関連記事:箱根七福神巡り

 

-七福神, 七福神巡り
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© BC総合情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.