七福神 七福神巡り

七福神|弁財天(べんざいてん)


由来

七福神の中の紅一点の女神様です。弁才天とも呼ばれ「音楽」「弁才」をもたらす神様です。
由来はインドの聖なる河の女神・ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神です。仏教に取り入れられ、音楽・弁才・財福・知恵の徳のある女神となりました。

8本の手もしくは2本の手を持った天女の姿をしているのが一般的です。八臂像ではすべての手に武器を持っていますが、二臂では琵琶を持ち音楽・芸能の神とされています。
日本では、市杵嶋姫命と同一視されました。

御利益

「才能」「芸事」「財運」をもたらす。

主な神社

神奈川県・銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)
源頼朝が創祀しましたが創建年代は不明です。境内に湧き出す霊水で銭を洗うと福寿開運して銭が増えるという信仰で有名です。

-七福神, 七福神巡り
-,

Copyright© BC総合情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.